2011年の春の心の春の様な出来事。

705847 / Pixabay

あーやっとそろそろ仁美先生に

出会ったことを書けそう✨

でもその前に。。。。

それまで

あり得ない怨み辛みを背負っていた私ですが。

ななななんと。

運命的な出会いが!

あったのです。

友達の友達を紹介される

(コンパ的なものではなくですよ)

小さなころから

こんな人と結婚して幸せな

生活をするんだ!

って決めてた

マインドマップに

ぴったりの人でした。

あーついにきたね!

運命の人出会っちゃったね!

って思っていました。

毎日毎日

その人のことばっかり考えて

どうやったら近づけるか?

結婚したらどうしちゃう?

彼は私たちが出会うべき運命の

今世一緒になろうって約束してきた

ツインソウルだってわかってるかな!?

気付くものなのかな?!

とか、笑

ちょっと痛いですね。

多分普通のソウルメイトだと思いますけど笑

でも、おかげさまで、

恨みつらみを考える時間が一気に消えて行きました。笑

今までは流れるママに受け身にしていた

恋愛方式から

取りに行く!恋愛に変わった瞬間 笑。

好きです!

に猛進したのです。

個人的に連絡先を交換するような

出会いではなかったので

すんごいいろんな手を使って

近づいて行きました笑

今、そんな話したらびっくりするだろうね。

まずは個人的に顔を覚えてもらうところ

名前を覚えてもらうところ

個人的に連絡できるベースをつくる

お茶にさそい、飯にさそい、、、、

まあ個人を押し出すっていうより

趣味の会話をしようぜ!

って感じの誘い方でしたがね。

まあこれは結局、

一般的にいう恋愛成就とまでは

いきませんでしたが

でも、それで満足したみたい。

ずーっと入りっぱなしだった

恨みループの中から

少し飛び出せた!という大きな事実。

前の恋愛の傷を癒すのは

新しい恋!

えーそんなループですか。

あの時期、

そうやってショック療法みたいに

恋をして、

視点をひっくり返す必要が

あったんじゃないかなあ。

今お会いしてもびっくりするほど

心のときめきは無くなりました。笑

大人な関係が気付けているかも。

なんだったんだろうね、あれ。

そんな恋に猛進中の時。

仁美先生と出会ったのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加