8月30日 ンガベン(火葬式)③

ご遺体の灰を海へ!

どうやって海まで行こうか〜

ってぶらぶらしていたら、、、、

とあるパンディタが

『ここ空いてるから乗りなさい〜〜〜!』

とトラックに積み込まれた、、、、

それは、

なんとご遺体の灰を運ぶ

神輿の乗ったトラックでした。笑

さあ、おばあちゃまご一緒に海まで〜^^

th_スクリーンショット 2015-09-12 12.44.18

見上げれば、神輿。

それでも街中は電線がたくさんあるので

神輿は引っかかります。

th_スクリーンショット 2015-09-12 12.44.26

棒を持ったマンクーや地元の男衆が

電線や街路樹を棒で避けながら

ゆっくりゆっくりと進んでいきます。

th_スクリーンショット 2015-09-12 12.44.35

要は霊柩車です。

要所要所で

見送り手をあわせる方がいらっしゃったり、

大渋滞が起こったり、、、、

お葬式行列は渋滞の元!って

バリに住んでいれば知らない人はいないほどなのですが、

まさかその元に乗り込むことになるとは…

タダ住むだけではなかなかできない

すごい経験をさせていただいております。

th_スクリーンショット 2015-09-12 12.44.55

そして、海へ。

海水で一度この神輿は浄化され、

th_スクリーンショット 2015-09-12 12.45.06

燃やされました。

その後、ご遺体の灰は

th_スクリーンショット 2015-09-12 12.46.00

ボートで沖へ流されます。

この光景がまた、

かっこよかったんだ〜。

真っ青な海と、

真っ白な装束と。。。

th_スクリーンショット 2015-09-12 12.46.14

はい、家族(の一部)です〜!

ひとしきり浜辺で遊んでから

またグリヤ(家)に帰りました。

そして帰った夜は

大きな儀式を終えた後の

打ち上げ的儀式。笑

みんなで玄関から今日のお疲れを追い出しました☆

th_スクリーンショット 2015-09-12 12.46.33

長かったお葬式。お疲れ様でした。

と思ったら!!!

まだ数日儀式は続きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加