いつの間にか窮屈になっていた心に気づく。

感謝の循環のお花

仁美先生からいつもいつも

教えていただく一つの大切なキーワード

『感謝の循環』

簡単に言うと?!

ありがとうの思いを行動で示すという感じかなあ。

全身全霊で思いを三次元の形にあらわし

相手に伝える。

『言葉』『もの』『プレゼント』『おもてなしする』

どれも三次元に思いを表す感じになるなあ。

いつもありがとう。

そんな仲間内では

嬉しい♡嬉しい♡感謝のプレゼントが横行中♡

今日は素敵なお花をいただいちゃった!!!

お花さま♡我が家にいらっしゃい!

きてくれてありがとう♡

って嬉しかった!

バケツに水を張って

長旅でうちに来たお花さんに

しばし休憩してもらって

我が家はたくさん花瓶があるので

素敵におもてなししよう♡

と思って花瓶に、、、、

でもちょっと長い。

いつもガサツな私なら

そのままにしてしまいそう。

でも

水の中でサイズを合わせて切って

花瓶に挿しましたが、なにか少しまだ窮屈そう!

あ!足元がゴムでしばってある!

さっとゴムをとりました。

すると不思議とお花さま脱力。

やっとお花さまが和んだみたいです。

そして、私の心も何かが窮屈だったみたい。

だったことに気づく。

ようやく力が抜けて、

やっとお花綺麗だなーって

自然に嬉しい気持ちが湧いてきた☆

残念ながら私は人にものを差し上げるということに

トラウマがあってなかなか喜んでできない。

いちおう練習中のつもり、、、

練習したいけど、

忙しかったりすると完全後回しで

準備すらなかなかできないので、

いただくときも次どんなお返しをしよう?

って思ってしまって

素直に喜べなくていつも申し訳ないなあと思ってしまう。

でも、心の全部がそう思うわけではなくて

飛び上がるぐらい喜んでいる私もいる。

心って不思議〜♡

感謝の循環の練習は

手のチャクラにも影響があるみたいー!!

仁美先生がみんなに広めてくれた

感謝の循環の意識がこんなに学びをくださっています♡

ありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加