いじめ、身体醜形障害、人見知りの学生時代仁美先生に出会うまで<学生時代>

705847 / Pixabay

アメブロでプロフィールを編集していたら

長すぎたんだかエラーで消えてしまった!!@@

ドロドロを綴りすぎたかな。

でも一応弟子の自己紹介ということで

バリヒンドゥーの聖職者の弟子になるまでの

肥やしの経験を綴っておこう。

振り返れば振り返るほど、

今が幸せ♡

3歳のときお坊さんを志す。

黄金のオーラが美しくて

そうなりたかったらしい。

まず、幼稚園。

人間の恋、Zくん。

好きすぎて幼稚園のみんなに私Zくんと付き合ってるんだって嘘言ったら

本人にちくられて関係をみんなの前で否定されて傷つく。笑

なぜかジャイアンとスネ夫みたいな女の子の被害者になることが多い。

でも自分もかなり癇癪持ちの変わった子供だったのかも。

小学校2年の時に

生まれて初めてまともないじめにあう。

登校拒否になるも母にひきずって行かれて戻される。

音楽の趣味はフォークとエルビスプレスリーと藤井ふみや。

おまじないや占いに興味を持つも何も叶わないので不信感をいだく。

頑固者で言うこときかないけど勉強のできる姉と

なかなかなんでも不器用な私の2人姉妹

まあ当然?妹はいつも怒られてギャン泣き。

人が嫌い暗い、友達ほとんどいない。

習い事、お姉ちゃんがやってるから

やりたいけどすぐ飽きて続かない

まあ振り返ってピックアップするとなかなか大変そうだけど

当時はそれが私の人生だったのでそうでもなかった

でもインナーチャイルドはしっかり育っていたみたい。

中学生。時代劇にはまる。

身体醜形障害を決定づけたいじめにあう。

ビートルズにはまり大学はイギリス留学して

舞台美術を勉強して海外で活躍するぞ!と大きな夢をもつ。

ずっと劣等生だったピアノ。

合唱コンクールで伴奏して

当日までも下手くそ下手くそと皆にブーイングを受けながらも

クラスが優勝。

大変だったけど中学時代唯一の幸せだった思い出。

高校生の夏休みイギリスに短期留学するも

あまりに英語ができずトラウマになって帰ってくる。

大学留学を諦めて、簡単に入れる美術短大に進学を決める。

インディーズバンドにはまって毎日ライブハウス通いの日々。

短大入学のち。

神秘主義とバンド好きが高じて悪魔崇拝の世界に。

昼は学校、夜はナイトクラブに入り浸る。

アングラエログロナンセンス、

大人でノーモラルなアングラダンサーたちとのつきあい。

法外ギリギリな世界にも足を突っ込みやんちゃに体を蝕む@@

ドロドロ〜><

明日に続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加