ガルンガン&クニンガン☆スピリチュアルバリ

今日はガルンガン。

バリはお供え物やお飾り、

街中に溢れる民族衣装のバリ人で

とても華やかなことでしょう(*^◯^*)

RAHAJENG NYANGGRE GALUNGAN.

DUMOGI NGEMANGGIHIN KERAHAYUAN LAN KERAHAJENGAN SARENG SAMI

今日はバリ島に先祖の霊が帰ってくる日と言われます。

バリ人は個人の霊を祀るのは

余程お偉い方(来世転生の必要がないくらい卓越した聖人とか)ぐらいで

みんなアグン山に帰るとか言われるので

基本先祖は大きなエネルギー体として考えられていると思われます。

ペンジョールという門松に当たるものを置いて先祖に自分の家をアピールします。

バリ人は軒並みお休み。

実家に帰省して近所のお寺をまわりおいのり。お祝い料理をいただいたり。

親戚中の家も回って小一時間話をしたり。

地底の闇の勢力と聖人が戦い、

聖人が勝利した記念すべき日とも言われたり。

仁美先生が、滞り腐ることは

世界の中では悪くないと言ってた

でも、それを吸い込んだりして

人間は病気になる。

滞り腐りゆくものは

私が生きる上では取り入れると

スムーズに行かなくなるので

クリアにすると。

世界の中にそういう部分があることは

悪いことでもないし

腐る部分は地球の循環としては

肥やしになることもある。

今は戦って勝利と書いているけどなんか違和感があったんだけど。

適材適所に混沌としたエネルギーが

分散されて世界の均衡が保たれた日。

なんだろうなぁ。。。

時に私も滞って苦しくて辛い時があったからこそ

今が本当に幸せに思えるから

きっとどちらもバランスなんだろうなぁって思った!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加